ようこそ「はい、家庭教師」へ

学習塾とは

ほとんどの学習塾では、主に5教科(国語、算数/数学、理科、社会、英語)の学習を中心としてます。
少し変わっているのでは、体育を教える塾もあるようで、様々な塾が登場しています。

また、学校では総合的な人間形成を目指すことに対して、学習塾は主要科目の弱点の補強や高度問題などに力を入れているところが多くありません。親の要望に答え、中学受験や高校受験の合格を目標とした大手の進学塾もあり、学習塾同士の合格実績を競っています。家庭教師にも同じことが言えるでしょう。
さらに近年は小学生に上がる前からの幼児教育、幼児教室なども重要視されてきています。

全国規模における個人の学力レベル知るため、多数の塾で模擬試験を実施しており、ある程度正確に知ることが出来ます。

学力

一般的には、大手進学塾では学力に応じたクラス分けをしています。
また、中小のほとんどの塾では人数の都合でクラス分けはしてません。
個別指導塾や自習式の塾では、個人の実力に応じた対応ができるのでその区分がありません。

難関校進学系

これは、合格するのが難関とされてる学校を希望する生徒に、学校では習わないような難しい内容も加えて指導します。 難関校を目指すだけの塾の経営をしているところはほとんどなく、クラスで特進コースや補習クラスというように分かれてるところが多いです。

補習系

学校の授業で、理解ができない生徒に対して、先に授業を行ったりといった補習を行うものです。ほとんどの学習塾がこの補習系に属してるとされています。

集団授業の塾

1クラス10人以上のクラス構成の塾で、講師が常にレベルが高いクラスを担当して、アルバイト講師にはそれ以外のクラスを担当していることとが多いです。
レベルの高い講師が多い塾は1クラスの人数が多くて授業料も高額なケースがあります。また、集団授業塾でもアルバイト講師が担当している所も多いです。またこの場合ですと授業料が比較的安価であるでしょう。
大手では規模が拡大することによって、講師の質が落ちてる場合もあるようです。
※塾によっては、補習メインの下位クラス・受験対策中心の上位クラスの両方が正社員が担当しているの場合もあります。

少人数制授業の塾

1クラス5名〜10名のクラス構成。このタイプは個人経営の塾に多く、集団授業と違って、ある程度個人指導にも対応されます。個人経営の場合だと、授業料は比較的安価で、講師もキャリアの積んでる人が多く、受験レベルの授業も受けられますが、教育情報が少ないのです。

自習形式の塾

一つの教室に異学年の小中学生を集め、様々な科目を自習形式で学習するタイプの塾で、クラス分けはありません。

解説が書かれた専用のプリントと問題用紙をもらって自学自習します。
これらはほとんどが公文式や学研教室のフランチャイズ式に該当します。

(c) はい、家庭教師 AllrightReserved.