ようこそ「はい、家庭教師」へ

個人契約

家庭教師の個人契約探すには

1.知り合いなどからの情報や紹介を受ける

子供の情報からや近所の知り合いや、大学生の子がいる場合だと、紹介してもらえる可能性は高くなります。
この場合は顔見知りの場合が多いので、親近感があります。しかし身近ということで、成績に関して成果がなかった場合に先生を代える事が難しくなってしまいます。

2.家庭教師の紹介サイト等を通じて紹介してもらう

家庭教師紹介サイト等で個人の家庭教師を直接紹介してもう場合は、家庭教師を紹介してもらう度に費用が出る場合がほとんどです。
また、先生と合わない時も、自分で直接家庭教師に言わなきゃなりませんので、個人契約の場合、家庭教師センターでの面接や研修がないので、指導方法は個人の先生任せになります。こても先生の当たりはずれが多いのが特徴です。
しかし、一番のメリットは家庭教師センターを通さないでいいので、その分費用が安くでおさまるという所です。
とりあえず、「費用を安くおさえたい」というご家庭には、個人契約がよいでしょう。

個人契約のメリット

家庭教師の個人契約のメリット

1.家庭教師料金を直接交渉できる
2.家庭教師料金が安くですむ

上記でも言ったように、家庭教師センターを通さない分、家庭教師の指導料が安くで済むといった、最も大きなメリットです。
指導方法も各社で決められたノウハウが無いので、家庭の方針に合った勉強をしてくれるといったメリットもあります。

個人契約のデメリット

1.家庭教師の交代が難しい
2.指導方法が個人任せ
3.テスト対策などの具体的なことが掴みにくい
4.何かあった場合の対応が個人なので、不安

個人契約は家庭教師のセンターと大きく違い、採用の際の面接や研修等がないため、わりと大学生や社会人なら誰でも家庭教師をする事が出来るということです。
個人契約は特に家庭教師のあたりはずれがとてもに大きく、それもデメリットの一つです。他にも、学校などに応じた対策や、独自のノウハウが無いので大きな成果が出来るか不透明なのもデメリットです。

(c) はい、家庭教師 AllrightReserved.