ようこそ「はい、家庭教師」へ

よい家庭教師を探せ

家庭教師を選ぶ一番の方法は、家庭教師と直接会ってみることです。
資料請求をして、資料を吟味して選ぶだけでは良い家庭教師には出会えません。

では、見極めるポイントを教えましょう。

ポイント1:基本的なマナー

まずは、初めの第一印象が決まってしまう挨拶や言葉遣いがちゃんとできているか?挨拶や基本的なことができてないのでは、よい家庭教師は言えません。

ポイント2:指導理念やノウハウ

どういう理念を持って子どもに指導してるのか?今の子供の成績と今後の目標への施策はどういったのがあるかなどを尋ねてみましょう。その際、中長期的の目標計画を立てることや、ちゃんとした理念とノウハウがある教師かチェックすることが大切です。

授業に立ち会いましょう。
初回や2回目など実際指導する場面で、子どもときちんとコミュニケーションが取れているか、わかりやすく教えているかなどをチェック。指導能力の高さを見ることも重要ポイントです。

ポイント3:プロ講師?

よくプロの家庭教師って聞きますが、プロ講師の定義は何んなのか聞いてみましょう。
中には経験も積んでなく、研修等もしてない人が「プロ講師」と言っている会社もあります。

ポイント4:講師の登録人数

家庭教師の登録人数が多ければ、そえほど、条件に合う家庭教師に出会えます。しかし、そこで、騙されがちなのが家庭教師の登録人数が卒業生まで数にカウントされている場合があるので、よく確認することがよいでしょう。

ポイント5:無料体験コースでの講師

「無料体験」を行なっている家庭教師がと実際に派遣される家庭教師が違うことがあるようです。
この場合は、無料体験コース専属の家庭教師として派遣されているので、実際の家庭教師とは違うので、確認することがよいでしょう。

(c) はい、家庭教師 AllrightReserved.